最高のサービスでお客様に感動を与え、社員・家族・取引先の幸せを追求する

株式会社サンリフレホールディングス

代表取締役 栗原 将

株式会社サンリフレホールディングス

1975年横浜生まれ。23歳で当社を設立。
入れ替わりの激しいリフォーム業界においても
抜群の安定性を誇り、設立以来17年間増収を続けている。
18期の今期も売上高の更新を見込む。

ビジョン もっとハッピーな世の中にしよう!
目標 日本の活力になるような幸せを提供する会社になること。
事業内容 住宅設備機器リフォーム「サンリフレプラザ」の運営
所在地 東京都渋谷区東1-26-20 東京建物東渋谷ビル12F
資本金 8,000万円
財務情報 2016年3月期実績 29億1000万円
2015年3月期実績 22億8000万円
2014年3月期実績 19億1000万円
株式公開 5年以内
採用計画 新卒、中途
募集職種 ・営業 ・施工管理 ・大工、専門職人 ・Web企画 ・Web制作
企業URL http://www.sunrefre.co.jp/
自社のウリ 当社は自社制作しているWebサイトから毎月2億円を超えるご注文をいただくネットマーケティングの会社であり、同時に40名の建築設備職人を抱える職人集団でもあります。その両方のメンバーが同じ会社で共存するサービスを展開しております。

株式会社サンリフレホールディングス社
お客様の暮らしをもっと快適に変えます。大がかりな工事をせずキッチンの調理器具など手軽なリフォームを提案します。
株式会社サンリフレホールディングス
ネットで大きな注文。お客様も最初はドキドキ。でも施工後は大満足の笑顔に。お客様の笑顔がやりがえです。
株式会社サンリフレホールディングス
代官山にショールームを設置。ネット通販の枠を飛び越えたリアル店舗の展開(O2O)にも力を入れていきます。


   
お客様・社員・家族・関係者の夢を実現する会社でありたい

株式会社サンリフレホールディングス
代表取締役 栗原 将


―御社の事業内容を教えてください。


栗原:中核事業は2001年からやっている「サンリフレプラザ」というリフォームのネット販売事業です。
Web上で仕様決定・製品適合調査・見積・発注・支払いといったことを全て完結させることで中間コストを省き、従来の半分ほどの価格で サービスをご提供しております。 また、自社施工・一律価格・追加請求は一切しないなど、誰にもでもフェアで、質の高いサービスをご提供することをポリシーとし、お客様によりお手軽に、より安心して住まい作りを楽しんでいただくための事業を展開しております。

   

―御社の成長の秘訣は何でしょうか?


栗原:私たちは「常に創造」することに仕事の楽しさを感じています。
まだこの世にない新しいもの、この世にあるギャップを解決するサービス、発想力と実行力をもって、新しい価値を創造しつづけていきたいと考えています。
その目的が、人の心をより豊かにする事に貢献したいという想いであり、そういった人材が社内に多くいる事だと思います。

   

―経営者として一番大切にしていること、常に心がけていることを教えて下さい。


栗原:社員みんなが夢と希望をもって強く輝く会社であること。誇りをもてる会社であることです。
誇りをもてる会社とは、業種による見栄えではなく、事業の本質的価値。お客様の期待に応えていく会社であるということだと考えています。
この仕事は世の中のタメになっている。そういう自信をもつことができないものなら、いくら経済的に魅力的な事業であっても手をつけないようにしています。

   

―最後に今後のビジョンをお願いします。


栗原:今、人口減や土地不足などの要因から、新築市場に代わってリフォーム市場の活発化が始まっています。
EC大手などIT業界、ハウスメーカー、家電量販店、スーパーやディスカウントストアに至るまで、多種多様の業界が注目し、リフォーム業界への参入を初めていますので、そのことを感じられると思います。
当社のビジネスはまさに今、この大きな時代の潮流に乗ろうとしています。
ここからさらに成長が見込まれるリフォーム市場の中で、業界をリードし、常に新しいアイデアで、お客様に喜んでいただけるサービスを提供していきます。


編集部コメント
消費者にとって本当に必要な情報とは何かを徹底的に追求し、右肩上がりの成長を続けています。工事などの料金体系が不明瞭な慣例を持つ“業界の不健全な常識”に風穴をあけるため、同社は料金の明確化を一円単位で行っている。おそらく業界からの圧力も相当あっただろうが、その価値を正しく評価できるのは消費者しかいない。不況になればなるほど、本物の企業が支持され偽物が淘汰されるが、同社の揺るぎない成長が消費者からの支持を何よりも物語っていると思います。渋谷に本社を移転し、今後の更なる成長が期待される同社からは目が離せません。
編集部コメント2


※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。