地方のモノづくりのプロと都市を結び、新しい流通を生み出すベンチャー企業

株式会社ビープラウド

代表取締役社長 大山 淳

株式会社ビープラウド

1978年 大阪府豊中市生まれ
2002年 関西大学工学部応用化学学科卒業
2002年 株式会社ベンチャー・リンク入社
2009年 株式会社ビープラウドコンサルティング 設立
2013年 株式会社ビープラウドに社名変更

ビジョン 私たちは関わる人すべてに「夢の上書き」を実現します
目標 全人類に「食」を通じて、心身の現役寿命の最長化を実現致します!
事業内容 |賄垓╋隼業
淡路島カレーライセンス事業
▲┘ぅ献鵐哀泪優献瓮鵐隼業
独自のエイジングマネジメント理論に基づいた健康食の開発と販売
オフィス保健室事業
Healthy in Cups!事業
株式公開 3年以内に上場予定
所在地 東京都中央区銀座2-11-8デュープレックス銀座タワー2/11 10F
資本金 300万円
採用計画 2016年度 新卒2名採用
2017年度 新卒3名採用予定/中途2名採用予定
募集職種 |枯島カレーライセンス営業
Healthy in Cups!ブランドマネージャー
6般慨浜職
企業URL http://www.beproud.co.jp/
自社のウリ ■企業家集団(自分たちで事業を作っていく仲間が多い)
■新規事業など自ら手を上げた人にチャレンジさせてくれる環境がある 

株式会社ビープラウド
カレー業界全国店舗数第2位!
株式会社ビープラウド
オシャレなジャーサラダを定期的にオフィスにお届け!
株式会社ビープラウド
毎月開催!ものづくりの原点を体感してもらっています



『食』を通じて社会の問題を解決する企業でありたい

株式会社ビープラウド
代表取締役社長 大山 淳


―御社の事業内容を教えてください。


大山: 地都協業事業:「地方(=ものづくりのプロ)」と「都市(=売り方のプロ)」が協力して行なう事業。淡路島カレーライセンス本部。

エイジングマネジメント事業:「食」を通じて正しい健康習慣を定着させる。未病(病気の一歩手前)状態のうちに正しい対策をとり、健康寿命を延ばすことが目的。エイジングマネジメント食品の開発と販売。

オフィス保健室事業:オフィスで働く皆さんの「心身共に健康で元気であること」が、事業効率のアップ、生産性の向上に繋がると考え、その実現をサポートする福利厚生サービス。Healthy in Cups!の展開。


―起業の経緯を教えて下さい。


大山: 2009年コンサルティングを通じて、誇りを持つ社会の創造を目指して創業。創業期に資金がない中、別の事業の柱を構築したいと思い、移動販売事業をスタート。事業が軌道に乗り出した頃、東日本大震災があり、その影響で移動販売事業の売上が2倍に。世の中が大変な中、売上が上がることに矛盾を感じ、移動販売事業を ストップし、ゼロから地方と協業する仕組みである「地都協業」事業を構想、そして仕組み作りからスタート。「食」の新しい流通をおこし、「食」を通じて社会の問題を解決する企業家を目指します。


―御社の成長の秘訣は何でしょうか。


大山: NPO法人淡路島活性化推進委員会との連携により、地方と強いパイプを持ちながら、「淡路島カレー」事業を展開しています。また、店舗の非営業時間を有効に活用できるようライセンス契約の形態を「二毛作」「メニューオン」「新規開店」と3パターンで展開中。飲食店のコンサルティング事業も経験しており自社にて様々の業態の構築・運用の経験があり、現場の飲食店様の悩みや課題をしっかり認識できる点から根本的な解決策を提案できている点。


―今後のビジョンをお願いいたします。


大山: 2009年移動販売車からスタートした淡路島カレー事業ですが、本格展開をスタートしてから約3年で全国170店舗まで店舗数を広げてきました。
2017年末には300店舗を目指しています。また2015年11月からマレーシア、クアラルンプールにて海外でも提供スタート。
このように地方との協業体制を強化していくとともに、「安心、安全、ホンモノ」の食のインフラ構築を目指していきます。またHealthy in Cups!事業も2017年末には200企業さまへの導入を目指しています。






※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。