資産形成及び資産保全のお手伝いによりお客様に人生の安定を提供する

武蔵コーポレーション株式会社

代表取締役 大谷 義武

武蔵コーポレーション株式会社

昭和50年 埼玉県生まれ
平成11年 東京大学経済学部卒業
平成11年 三井不動産株式会社に入社
平成17年 武蔵コーポレーション設立

ビジョン 資産形成及び資産保全のお手伝いによりお客様に人生の安定を提供する
目標 売上1,000億円企業
社員が幸せに働ける企業を目指す
事業内容 収益不動産を中心としたプライベートバンキング事業
日本の特徴である不動産を用いた資産運用をトータルでサポートし、社会に大きな影響を与える富裕層の経済的安定を実現します
所在地 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5大宮ソニックシティビル21F
資本金 9,800万円
財務情報 平成27年8月期実績 36億9400万円
平成26年8月期実績 29億4400万円
平成25年8月期見込 26億4700万円
採用計画 ・平成28年8月度25名採用予定(中途20名、新卒5名)
競争優位の源泉は人であると考え、優秀な人材確保に力を入れています
募集職種 ・アセットマネージャー
・プロパティマネージャー
企業URL http://www.musashi-corporation.com/index.php
自社のウリ ・社員の平均年齢27歳と若く勢いがある
・仕事の対価は「やりがい」と「報酬」とし、社員が活躍できる環境を用意!
・日本で初のビジネスモデルを構築し急成長!

武蔵コーポレーション株式会社
 
武蔵コーポレーション株式会社
武蔵コーポレーション株式会社
 



日本人としての誇りを持った立派な人間集団であり続ける

武蔵コーポレーション株式会社
代表取締役 大谷 義武


―御社の事業内容を教えてください。


大谷:築年数が多く空室が多くなった物件を取得し、バリューアップすることで物件のキャッシュ獲得能力をよみがえらせて富裕層に提供します。
中古物件と同程度の価格にも関わらず、リスクを極限まで切り落としていることから購入を希望する富裕層が列をなす状況が生まれています。
集客は書籍やセミナーによる100%反響営業をとっています。
適切な情報を適切な潜在顧客に提供することで、無理のない集客体制を整えています。


―起業の経緯を教えて下さい。


大谷:日本人本来の礼儀正しさ、道徳心の高さを次の世代に正しく伝えるため、道徳教育を行う学校を創り、きちんとした「真の日本人」を育てることが自分の使命だと自覚しました。そのための手段として起業を選択することにしました。
また、当時は郵政民営化が行われており、今後貧富の差が大きくなることを予感したため、富裕層を相手にするビジネスモデルで勝負しようと考えました。


―御社の強みを教えて下さい。


大谷:将来不安の増加に伴う資産形成需要の急激な増加が背景にあります。当該需要に対して高利回りで中古物件固有のリスク(わからないリスク)を極力排除した収益不動産を供給可能としています。また、インセンティブ制度をとらないなど人事制度を競合他社とは異にし、いわゆる不動産業界とは異なる人材を採用し退職率を抑えていることから中長期の施策がとれています。
最終的には人が競争優位の源泉だと考えており、優秀な人材の確保には力を入れています。


―今後のビジョンをお願いいたします。


大谷:【拠点展開】
全国政令指定都市の周辺に拠点展開をし、既存事業の守備範囲を拡大。
直近では平成28年2月に東京支店を移転し東京本部として事業拡大予定。

【既存事業強化】
質の高い人材を確保することで、不動産だけではなく必要な商品・サービスを提供することで富裕層の資産形成をワンストップでサポートできる体制とする。

【新規事業】
アパートファンドや投資専門工事、ファイナンス事業など業界で初となる事業により既存事業の成長スピードを高める。




編集部コメント
設立11年目を迎えた武蔵コーポレーション株式会社。設立当初から堅実に、増収・増益を続ける優良ベンチャーです。収益用不動産の売買・仲介・賃貸管理事業を軸に展開。大谷社長の魅力に引かれ優秀な社員が集まり、顧客の収益を増やし幸せを増幅させようと本気で思うスタンスが武蔵コーポレーションの成長の源となっているのではないでしょうか。組織の雰囲気も非常に良いベンチャー。ぜひ、いちど実際にオフィスに足を運び、その空気を感じて頂ければと思います。
編集部コメント2


※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。