組織と自身の成長に徹底的にこだわり変化を楽しむテクノロジー集団

株式会社SAKURUG

代表取締役 遠藤 洋之

株式会社SAKURUG

1983年 千葉県生まれ
2010年 株式会社gooya入社
2012年 株式会社gooyaAd設立
2014年 MBOを実施し株式会社SAKURUGへ商号変更

ビジョン インターネットを使って世界中の困っているを助ける
目標 2020年までに営業利益2億、社員200人、新拠点2拠点開設!
事業内容 インターネット広告代理店事業
WEBサイト(スマートフォン・タブレット含む)の企画制作及び広告を含めたコンサルティング
メディア事業
システムインテグレーション事業
所在地 東京都渋谷区渋谷3-6-2 第二矢木ビル2F・3F
株式公開 5年以内に上場予定
採用計画 ・2017年度新卒5名採用予定 中途20人採用予定
・2018年度新卒10名採用予定 中途40人採用予定
募集職種 ・コンサルティング営業
・エンジニア
・WEBデザイナー
・WEBディレクター
・広報
・新規事業企画等
企業URL http://www.sakurug.co.jp/
自社のウリ ■やる気とポテンシャルがあれば若手でもどんどん新しい仕事を任せます。
■福利厚生、制度はボトムアップでどんどん取り入れてもらえます。
■会社の方針が組織にこだわることなので組織について学べます。

株式会社SAKURUG
キックオフの打ち上げの写真。若いメンバーが活躍中!
株式会社SAKURUG
気軽に代表とランチMTGできます!
株式会社SAKURUG
エンジニア運動会に参加しました!運動部あります!



企業は人で決まる!徹底的に人に投資をして圧倒的に成長します!

株式会社SAKURUG
代表取締役 遠藤 洋之


―御社の事業内容を教えてください。


遠藤: 創業からの事業である広告代理店事業が弊社の事業基盤の一つです。また、最近力を入れているのは市場が急成長しているシステム開発やWeb制作などの領域。我々が普段使っているスマホのアプリやECサイトの開発、企業の採用サイトやキャンペーンページなどのWebサイト制作まで。幅広くスピード感を持って対応出来ることが売りだと思ってます。今後力を入れていきたいのはエンジニア、クリエイターに向けた教育、スキルアップの事業。成長している市場ですのでニーズがたくさんあることは実感しています。この市場でリーディングカンパニーを目指します。


―起業の経緯を教えて下さい。


遠藤: 学生時代から起業を考えており、2010年に株式会社GOOYAに中途入社。昼夜働き営業として実績を出し1年でマネージャーへ。
そこから半年後、起業する旨を伝えたところ出資のお話をいただき子会社としてスタートすることに。2年ほど子会社を経験させていただきMBOで独立。この子会社の社長時代に経営者としての基礎を学べました。
一度きりの人生、大きなことに挑戦したいという思いと、学生時代から思っていた貧困解決に向けて事業展開すべく起業しました。


―経営者として、一番大切にしていること、常に心がけていることを教えて下さい。


遠藤: 徹底的に組織にこだわる。この一点です。何故かこれまでも非常に優秀なメンバーが集まってくれましたが創業期は私が組織を構築できず、上手くチームを創りきれませんでした。その過去の反省をいかし、今は個の力だけでなく組織の力にこだわってます。昔のメンバーは今でも仲が良く起業している者も多いのですが、今SAKURUGにいるメンバーはそれ以上のメンバーだと自負しています。採用はこれまでも上手くいっているので、今期は組織にこだわり地盤を固め、来期に向けて精鋭を集めたチームにしていきたいです。


―今後のビジョンをお願いいたします。


遠藤: 元々広告代理店で立ち上げましたが、ある程度の規模までは大きくなったのですが拡大し切れませんでした。今考えると当たり前ですが僕のビジョンが弱かったからだと思います。その反省を踏まえ、今はテクノロジー、ヒト、海外、これらを軸に世界に通じるサービスを展開していきます。先日アフリカに視察に行ったのもその一つです。10年後、僕らは今とは全く異なる働き方をしていると思います。もしかすると働かなくてもいい社会かもしれません。その中で自分たちが社会に何を提供できるか向き合っていきます。決して小さくまとまることなく、社会に役立ち、世界で通じる企業になることを目指しています。





※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。