AI×ヒトで循環する流通インフラを構築し、世界中の「もったいない」を解決する
ビジョン グローバルな循環型消費社会の先駆者であり続ける
目標 「流通を最適化する会社」として、世界で100兆円を超える廃棄ロスに立ち向かいます!
事業内容 流通を最適化するべく在庫管理ソリューション事業と商品流通プラットフォーム事業を展開しており、
在庫管理ソリューション事業では、AIと膨大な蓄積データを用いて在庫価値を可視化・最適化し、
商品流通プラットフォーム事業では滞留商品の流通を支援しており、
在庫に悩む企業に対して一気通貫でサービスを提供しております。
所在地 東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 3階
資本金 8億8,408万円
財務情報 2019年9月期実績 66億3,600万円
2020年9月期実績 78億7,400万円
2021年9月期見込 109億円
株式公開 東証マザーズ
採用計画 ・2021年度 新卒10名採用予定 中途30名採用予定
募集職種 ◆各種エンジニア
◆自社パッケージ導入コンサルティング
◆データサイエンティスト
◆WEBマーケター
◆WEBディレクター
企業URL https://aucfan.co.jp/
自社のウリ ◆年次、性別関係なく活躍できる環境
◆創業からの強みである680億を超える膨大な商品流通データ
◆ビッグデータを活かした当社ならではの再流通支援
◆売上高13期連増収&最高益を更新
◆目黒駅から徒歩5分の高立地&新築ビルのおしゃれオフィス
フォトギャラリー
商品の流通を活性化して眠っている価値を呼び覚ます「RE-INFRA COMPANY」
株式会社オークファン 代表取締役社長 武永 修一
─ 御社の事業内容を教えてください。
武永:日本では年間22兆円、世界では年間100兆円の商品の価値が棄損し、その大半が廃棄されています。オークファンでは商品の流通を活性化して眠っている価値を呼び覚ますべく、当社を「RE-INFRA COMPANY(リンフラカンパニー)」と再定義しました。オークファンでは2007年に価格比較メディア「aucfan.com(オークファン)」の運営会社として誕生し、更にはBtoBの卸プラットフォーム、EC一括運営効率化ツール、社会貢献型ECサイトなど様々なサービスを展開しております。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
武永:大学時代に、買い替えのために、自分のノートパソコンをネットオークションで売ってみたところ、中古店に売るよりも3倍以上の値段で売れました。ある人にとって価値のないものが、他の人にとっては、とても価値のあるものに変わる、喜んでもらえる。初めて自分のパソコンを買って下さった人からのコメントは今でも覚えています。売りたい人と買いたい人を結びつけ、潤滑油のように物を受け継いでいくサービスがあれば、世界中のニーズをマッチングすることができると思い起業しました。
─ 御社の強みを教えて下さい。
武永:当社の強みは、在庫管理ソリューション事業と商品流通プラットフォーム事業の双方を持ち合わせていることです。一方だけではなく、双方の強みを複合させることで在庫に悩む企業へ一気通貫でサービスを提供できる唯一無二の企業として、邁進していきたいと思います。
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
武永:オークファンはこれからも「RE-INFRA COMPANY(リンフラカンパニー)」として、世界で100兆円を超える廃棄ロス削減を促進する会社に進化していきます。商品を作る企業、廃棄から救済された商品、そしてその商品を使う人の全てに価値を与えることができる社会的意義を認識し、この巨大市場に挑み続けます。