クラウドの力で世界中の仕事を楽しいものにする
ビジョン 正直を仕事にする。クラウドを世界中に広げる。
目標 3年以内に上場し、GCPでクラウドエースがナンバーワンになること!
事業内容 ・Google Cloudトータルサポートサービス「クラウドエース」の運用
・コンサルティングサービス
所在地 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング11F
資本金 3億150万円
財務情報 2018年12月期実績  6億7,100万円
2019年12月期実績 17億4,440万円
株式公開 ・3年以内に上場予定
採用計画 ・2021年度 新卒採用予定 22名予定 中途58名採用予定
・2022年度新卒採用予定 40名予定
募集職種 【技術職】
・エンジニアリングマネージャー
・プロジェクトマネージャー
・SREエンジニア
・データエンジニア
・アプリ開発エンジニア
・サポートエンジニア

【営業職】
・プリセールス担当
企業URL https://www.cloud-ace.jp/
自社のウリ ■失敗を見るのではなく、挑戦を評価している環境があること
■働き方が柔軟で、ライフスタイルに合わせた働き方ができる(フルリモートも可能)
■高いスキルを持った技術者と共に仕事ができる環境があること
フォトギャラリー
GCPでナンバーワンを目指す戦略的野望
クラウドエース株式会社 取締役会長 吉積 礼敏
─ 御社の事業内容を教えて下さい。
最新技術であるGoogle Cloud Platform を活用した提案営業をおこなっております。お客様の要望や懸念点、現在の課題などをヒアリングします。
Google 社よりパートナーとしての最高位でもある Google Cloud Premier Partner にも認定。
GCPの導入の際の技術提供や、システムやアプリケーションの開発、またGCPを利用する上での技術的なサポート業務を行っております。
急成長するGCPの分野で高度なプロフェッショナルを養成するための講座を開設し、世の中のクラウドエンジニアを輩出する取り組みを事業として行っております。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
幼少期から「30歳までに社長になる」という目標を持ち、大学を卒業後、アクセンチュア株式会社(当時:アンダーセンコンサルティング)でSEとして従事。様々なプロジェクトを経験する中で、「システム開発におけるインフラ基盤構築は、ある程度使いまわしが可能であり、本質的な価値がない」と感じるようになる。また、SI業界特有の多重請負構造への問題意識も強く持っており、30歳までに社長になるという目標と相まって、自身が問題と感じていた部分を解消できる会社を作ろうと決意し、起業。
─ 御社の強みを教えて下さい。
圧倒的な実績達成力があると同時に技術力も高い。個人資格のGoogle Cloud認定資格の保有者数が日本一。会社資格であるスペシャライゼーション取得数は8つで世界トップクラス。Managed Service Provider(MSP)も複数拠点で取得。MSPはGoogleから招待制。売上規模、技術力、サポート体制をGoogleが委託している第三者評価機関が総合的に審査して判断する。
成長している要因として、強みが作用しているだけでなく、「クラウドで世界を変える」「正直に仕事をする」「SI2.0」など明確なビジョンを持っており、会社が大きく成長するための次の軸を作っていっている。
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
「日本だけでも1,000億」「海外100拠点」「世界でNo1を取りに行く」など大胆な成長を目指している。
アジアで複数展開しており、今後も数多く実績が作られていくと思うので、アジアで出来た実績を元にヨーロッパに攻めていきたい。