『何をするかではなく、誰とするか』共に高めあう仲間とイノベーションを起こす。
ビジョン ファンになっていただける企業になる
目標 テクノロジー×不動産で業界にイノベーションを!
事業内容 クラウドファンディング事業:戸建空き家、中古ワンルームマンション等を対象にした投資型クラウドファンディング事業
WEBメディア事業:自社メディアの企画・運営、WEB広告事業
所在地 東京都渋谷区恵比寿4-3-8 KDX恵比寿ビル5階
資本金 1億円
財務情報 2015年11月期実績 38億円
2016年11月期実績 54億円
2017年11月期実績 80億円
株式公開 3年以内に上場予定
採用計画 新卒採用:20~30名
中途採用:若干名
募集職種 新卒・中途共に、営業職・企画職・エンジニア職
※中途のみ事務職
企業URL https://fantas-tech.co.jp/
自社のウリ ・新卒入社1年半でリーダー(課長職)へ!
・新卒入社5年目で取締役に抜擢!
・ITの力で業界にイノベーションを。
フォトギャラリー
不動産業界にイノベーションを!
FANTAS technology株式会社 代表取締役 國師 康平
─ 御社の事業内容を教えてください。
國師:中核事業は主に3つです。1つはワンルームマンションのデベロッパー事業です。自社で土地を仕入れて、コンセプトを考え企画デザインし開発をします。その後、自社の賃貸仲介部門で入居者を集め、投資物件として販売し、運用管理を行っています。2つめは空家再生事業です。空家をリフォームし、利回りを重視した投資物件を再生し、販売を行います。3つめはインターネットメディア事業です。自社でオウンドメディアを運営し、不動産を販売する上で重要な顧客の集客を行います。また集客だけでなく、女性に特化した不動産ポータルサイトなど、様々な観点からメディアを展開しています。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
國師:大学卒業後、当初から起業志向を持って当時ベンチャーだった不動産会社に営業職として入社しました。営業職を選んだ理由は、起業するには、自分を売り込む能力が不可欠だと思ったからです。ところが入社1年目は二十数名ほどの同期の中で最も成績が悪かったのです。ただ頑張れば結果がついてくるわけではなく、結果が出るまで頑張りきる、そのことを1年目で学びました。その結果、2年目以降からは成果が出るようになり、自分が成長できたこの営業と不動産いう仕事を軸に起業しようと決意し、2010年に起業しました。
─ 御社の強みを教えて下さい。
國師:弊社は、IT×不動産という領域で事業展開をしております。なかなかイノベーションの起きにくい業界で、イノベーションを起こすべく事業展開しております。そのひとつにインターネットを活用し、 ワンルームマンションを売却したいお客様へ人工知能による価格査定から自社で直接買い取るというサービスを展開しております。他にも自社での戦略的メディア運営から集客までを一貫して行っており、他社では集客できない顧客層を獲得しております。人への投資も続けており、エンジニアやデザイナー、マーケターなどの優秀な人材も採用し、この事業を加速させています。そのうような新しいチャレンジをすることが弊社の強みです。
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
國師:直近では 、IPOを視野に入れた事業展開をしています。IT×不動産を確立して、また既存のディベロッパー事業をしっかりと成長させていきます。また「再生家」という屋号で展開している空き家再生を、自社の第二事業の主軸として成長させます。今後の少子高齢化の影響により、日本の空き家は増え続けていきます。この社会問題に、私たちは企業という立場で取り組み、社会貢献できる会社にしていきます。これらの事業を通して会社の理念を体現していき、ファンになっていただける企業になっていきます。そして今後も人の力によってどんどん新しい事業に挑戦していきたいと思っております。