ファンになっていただける企業になる
ビジョン 不動産マーケットに、スマートな常識を打ち建てる。
目標 ファンと共に、世の中に感動を足す。
事業内容 クラウドファンディング事業:戸建空き家、中古ワンルームマンション等を対象にした投資型クラウドファンディング事業
WEBメディア事業:自社メディアの企画・運営、WEB広告事業
所在地 東京都渋谷区恵比寿4-3-8 KDX恵比寿ビル5階
資本金 1億円
財務情報 2015年11月期実績 38億円
2016年11月期実績 54億円
2017年11月期実績 80億円
株式公開 3年以内に上場予定
採用計画 新卒採用:20名前後
中途採用:若干名
募集職種 新卒・中途共に、エンジニア職・営業職・企画職
企業URL https://fantas-tech.co.jp/
自社のウリ ・拡大期ならではのやりがい◎
・適性を考慮したジョブローテーションあり!
・テクノロジーを駆使した業務改革進行中
フォトギャラリー
不動産業界にイノベーションを!
FANTAS technology株式会社 代表取締役 國師 康平
─ 御社の事業内容を教えてください。
國師:中核事業は大きく分けて2つです。1つ目はクラウドファンディング事業。1口1万円から不動産投資を行っていただける事業になっています。株や投資信託がテクノロジーの力で身近になった様に、不動産投資ももっと身近な投資にしていきたいと考えています。募集ファンドには、空き家再生プロジェクト等もあり、社会貢献にも繋がる事業です。2つ目はWEBメディア事業。自社でオウンドメディアを運営し、顧客の集客等を行います。また集客だけでなく、女性に特化した不動産ポータルサイトなど、様々な観点からメディアを展開しています。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
國師:大学卒業後、大手の不動産会社に入社しました。入社してすぐ目の当たりにしたのは、旧態依然とした体質が残る業界でした。市場規模は13兆円と非常に大きいマーケットである一方で、テクノロジーがほとんど進んでいない業界です。そこで≪テクノロジー×人≫を掛け合わせたイノベーションを起こすことが出来れば、きっと大きなビジネスチャンスがあると感じました。起業する際に大事にしたのは、今と変わらず、人。誰とやるかが重要だと思い、信頼できる仲間と共に2010年に起業しました。
─ 御社の強みを教えて下さい。
國師:ベンチャーならではのスピード感、思ったことをすぐに具現化できるメンバーが集まっていることが弊社の強みです。例えば、メディア事業をやろうと思っても、普通の不動産営業の会社ではそれを作れる人がいないと思いますが、弊社には元リクルートのマーケターや元マイナビのプロダクト責任者出身がいます。新しいことをやろうとチャレンジしてきた結果、それに同調してくれる人が集まってきてくれました。 人への投資も続けており、エンジニアやデザイナー、マーケターなどの優秀な人材も採用し、新しいチャレンジをし続けています。
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
國師:直近では 、IT領域の組織を現在の3倍の人数まで拡大させます。更にテクノロジーを活用した業務改革を行い、労働集約型のビジネスモデルの廃止を始め、情報をよりオープンにする事で平等な不動産取引が出来るマーケットを目指し、もっと身近に。もっと分かりやすいマーケットにする為に、日々何が出来るかを考え、チャレンジし続けていきます。
今後はテクノロジーの進んでいない他の業界や海外にも事業の幅を広げ、新たなマーケットへの展開を行っていく予定です。