日本初、実行型事業戦略コンサルティング企業
ビジョン 日本一の事業開発カンパニーを目指す
目標 目標は3年後に売上100億円、将来的に1兆円を超える企業になります。
事業内容 ・事業戦略コンサルティング事業
・セールスマーケティング事業
・Webマーケティング
・メディア事業
・採用アウトソーシング
所在地 東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTHビル6階
資本金 1,000万円
株式公開 3年以内に上場予定
採用計画 2021年度新卒10名程度予定 中途30名程度予定
募集職種 ・セールス
・セールスリーダー
・マネージャー
企業URL https://fanvest.co.jp/
自社のウリ ■日本一多く事業開発に関われる(上流の戦略コンサルから実行の営業まで一気通貫で関われます)
■「妄想に投資できる会社」として新規事業を毎年立ち上げているため、
 自分の可能性ややってみたい夢の具現化ができる
■M&Aを100社以上行う予定のため子会社の社長として本当の意味で
 リアルな「経営」を学ぶことができる
フォトギャラリー

妄想に投資して世の中に驚きと幸せを提供できる会社にしたい

株式会社ファンベスト 代表取締役 藤間 亮太郎
─ 御社の事業内容を教えて下さい。
弊社は日本初の実行型事業戦略コンサルティングサービスを提供しています。 事業戦略コンサルティングサービスは大手コンサルファーム等、提供している会社は複数存在しますが、我々は戦略だけでなく、立てた戦略に対しそれを実行する「実行部隊」を持っているため、直接的に売上・利益をつくるところまでトータルサポートしています。
そのため弊社の収益の柱の事業としては2つあります。
■戦略領域:事業戦略コンサルティング
■実行領域:セールスマーケティング、Webマーケティング、メディア、採用アウトソーシング
また、随時新規事業開発も行っております。我々は「妄想に投資できる会社」を目指しているため、面白い発想やアイディアをビジネスに対し具現化する投資を常にしております。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
もともと私が中学生の時から起業願望はありました。
ただ、なにをするのか、どのような起業家になるのかなどは実はなかなか決まらないままでした。
ある時に、友人から「すごい起業家がいるから会いに行こう」と言われとある企業の株主総会に行くことになりました。それが、ソフトバンクの株主総会。その日見た孫正義さんのプレゼンに、圧倒されたのを今でもはっきりと鮮烈な記憶として覚えています。
その日を境に、私は孫正義さんのような経営者になろうと決意し、まだ世の中にないものに投資する、世の中のアイディアを形にする会社を作りたいと、ファンベストを設立するに至りました。
─ 御社の成長の秘訣は何でしょうか。
私はずっと営業畑で仕事をしてきましたが、今も昔も営業は一般的には非常に属人的な仕事と思われています。それは、同じ時間をかけ、同じ商品を扱っているのに、結果としてたくさん売れる人と全く売れない人が出てしまうという現象が起こるからです。 私はその属人性をできる限り0に近づけることはできないかと考え、「営業を科学する」というコンセプトで現場で営業に触れながら研究をしてきました。
結果、営業未経験者や過去に営業でうまくいかなかった人でも、トップセールスと同等の成果を出させることに成功しました。つまり、誰もが売れる、「売れる仕組み」は構築できるということを立証できました。
その売れる仕組み(ノウハウ)を使って、弊社はコンサルティングやアウトソーシングを行っています。クライアント様の成長・マーケティングサクセスとともに弊社も業績を上げることができるビジネスモデルですから、常に成果にコミットし続ける必要があり、クライアント様の社内以上に成果に貪欲。これが弊社が成長し続けられる理由であると思います。
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
事業戦略は大きく3つに分かれると思っています。それはヒト、モノ、マーケティングです。「事業は戦略が大事だ」と言う人がよくいますし、確かに大事ではあります。しかし本質は売上を上げ、利益をとるということであり、机上の空論では全く意味をなさないのです。
よって我々は実行部隊の拡大をさらにしなくてはならないと思っています。 ヒト、モノ、マーケティングという3つの領域の実行部隊を拡大し、3年後には100億円の売上を目指しています。先ほどお話しした通り、クライアント様の成長・マーケティングサクセスとともに弊社も業績を上げることができるビジネスモデルですから、我々が100億円を超えているということは弊社のクライアントはさらに売上や業績を上げているということ。貢献度は相当大きいと考えています。もちろんそれだけで満足することなく進化と進歩を続け、30年以内には1兆円企業を目指しています。