不動産を主軸とした長期資産運用形成におけるプロフェッショナル集団。
ビジョン 社会に必要とされる「未来=資産」を創る開拓者集団
目標 2022年度、売上見込み30億円。岩盤収益を基盤とした安定さと戦略的な挑戦を兼ね備えた企業を目指す。
事業内容 ・不動産デベロップメント
・投資用不動産販売
・不動産仲介
・アセットマネジメント(PM/BM)
・サブリース
所在地 京都府京都市下京区真苧屋町218 GARNET STARTING BLDG. 2F
資本金 6,700万円
財務情報 2018年実績 25億6,000万円
2019年実績 14億円
2020年見込 18億円
株式公開 3年以内上場予定
採用計画 ・2020年度中途採用7名程
・2021年度新卒採用開始 人数検討中
募集職種 ・営業職
・総務/人事職
・ローン課
・事務職など
企業URL https://www.garnet-kyoto.co.jp
自社のウリ ■中長期的視野を持ち、岩盤収益による盤石な経営基盤があること
■圧倒的なスピードとアイディアで不動産市場を拓く会社であること
■成長意欲が高く、仲間を大切にするプロ集団であること
■資産管理会社として関わる人全員を幸せにできる仕事
フォトギャラリー
関わる全ての人にとって必要とされる「未来」を拓く
株式会社ガーネット 代表取締役 中野拓磨
─ 御社の事業内容を教えて下さい。
弊社の事業は、投資用不動産の開発、そしてその運用です。
不動産のプロフェッショナルとして、開発から販売、管理までワンストップでサービスを提供しております。
中長期的な視野を持ち、大家業としての盤石な経営基盤を整えるのはもちろん、不動産に新たな可能性を見出し、IoTマンションの開発やクラウドファンディングプラットフォームの構築、国内投資家問わず、海外投資家への資産構築も行っております。今後も新価値を提供する事業を展開予定です。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
平成21年に父親と私でサンドウィッチ屋さんからスタートした会社。オープン前日に父親が亡くなり、たった5ヶ月で閉店を余儀なくされ、ガーネットは休眠状態になりました。そこから不動産業界のサラリーマンを経験し、6年越しにもう一度ガーネットを再起させたいと考え2015年に代表取締役に就任しました。
「日本の未来を拓く」を掲げて、不動産市場において、若い力を中心に新しい不動産市場を切り開き、常に高みへと挑戦し、これからの世代への道しるべになる企業を実現します。
─ 経営者として、一番大切にしていること、常に心がけていることを教えて下さい。
常に仲間や周りの方々に感謝し、自分の「人生すべて」に感謝しています。
そして、常に全ては自己責任と心得、自分の可能性と人生を切り拓く挑戦をし続けてております。
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
京都発進の不動産クラウドファンディングを利用した小口化不動産の販売、不動産クラウドファンディングプラットフォームを2020年に全国提供する予定です。また、以前からもご提供させていただいている、安定した家賃収入を提供出来るのが魅力である、京都の好立地かつ好条件の運営ができる物件の提供、そしてハイクオリティマンション、 IoTを採用した独自ブランドの開発・販売(一棟収益、区分収益)を今後も継続して提供していきます。