顧客の一生涯を支援するサイトを創る
ビジョン 情報資産で未来社会を豊かにする
目標 DAU/MAUが50%以上となる情報利活用サービスを作る
事業内容 ユーザーが利用したサービスの情報を再利活用できる代行事業
(データベースソーシャルマーケティング事業)
■住宅ローン一括審査申し込みサービス
■就活サイト一括登録
所在地 東京都港区赤坂二丁目12-10 HF溜池ビルディング6F
資本金 5,400万円
株式公開 検討中
採用計画 2019年度新卒5名採用予定
募集職種 営業
WEBマーケティング
WEBディレクション
新規企画
エンジニア
企業URL https://www.ikkatsu-data.co.jp/
自社のウリ ■特許取得。独自のビジネスモデルを海外展開へ
■「AI」「BIG DATA」「Fintech」の領域に挑戦できる
■経験豊富な経営陣の近くで働ける
■夏季休暇最大連続10日間
フォトギャラリー
国内唯一の技術とサービスでお客様のベストな決断をサポート
株式会社イッカツ 代表取締役 鈴木 敬
─ 御社の事業内容を教えてください。
鈴木:当社事業は、一般的な比較サイトモデルとは根本的な仕組みが違い、一括で比較しユーザーが入力した情報を、DBに保存し、複数サイトへの申込/登録に必要な入力作業をユーザーから委託を受けて代行入力システム(特許取得)で処理する国内唯一のサービスです。金融商材の住宅ローン(70金融機関)就活生商材の就活サイト(50サイト)を一括で比較し、当社サイトの入力フォ―ムに必要情報(住宅ローンは130項目もある)を入力し、保存した情報を当社代行入力システムが各企業のWEB入力フォ―ムにアクセスし、ユーザーが入力するのと同等の状態でインプットし、申込/会員登録を複数社、同時に完了させれる事業です。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
鈴木: 当社の出発点は、上場IT企業の新規企画部門の新規事業としてスタートしました。新規事業から事業部門となり、別会社化し、マネジメントバイアウト(MBO)を行い現在に至ります。事業企画に至った背景は、銀行のローン商材をインターネットで一度に複数の商品を同時に申込が出来るという、ユーザーニーズが高いサービスが存在していなかったからです。事業化までには、金融庁から、一般的に当社モデルは「銀行代理業に該当する。」と判断されるのを「銀行代理業に該当しない」との見解を出して頂けたのが非常に大きなポイントであったと考えています。 何度も、見解取得で話に行ったのが懐かしいです。
─ 経営者として、一番大切にしていること、常に心がけていることを教えて下さい。
鈴木:指針として「5つのバリュー」を掲げ、常に心がけております。
1.素直・謙虚・感謝を惜しむな
 (人間性) (品格)
2.「出来ない」ことはない、「出来る」ようにする
 (向上心) (責任感)
3.走りながら考える
 (スピード感) (バイタリティ)
4.本気は楽しい
 (主体性) (志)
5.変化を受け入れろ、変化を起こせ
 (柔軟性) (チャレンジ)
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
鈴木:現在までに、事業を展開して得られたノウハウと機能を、新一括代行モデルとして、特定商材だけでなく、複数他商材へのモデルの展開を加速させて行きたいと考えています。複数他商材の代行ポータルとユーザーが継続利用することで蓄積される情報と利用データを活かした、「AIレコメンド」の仕組みを組み合わせたサービスを展開してお客様のベストな決断の力になれるようにして行きます。国内、海外の企業への新一括代行モデルのOEM展開も視野に入れています。