人材マネジメントの問題を解決するプロダクトを提供します
ビジョン シンプルな仕組みで 世の中をちょっと前へ
目標 日本の人材マネジメントの在り方を変えていきます。
事業内容 人材マネジメントの問題を解決するクラウド人材管理ツールを提供する事業
所在地 東京都港区元赤坂1丁目2番7号 AKASAKA K-TOWER 5階
資本金 4億4,140万円
財務情報 2016年3月実績  9億5,242万円
2017年3月実績  4億5,482万円
2018年3月実績  2億3,896万円
株式公開 東証マザーズ
採用計画 中途採用20名採用予定
募集職種 ・エンジニア
・プロダクト企画・設計
・マーケティング
・営業・顧客サポート
・障がい者採用
企業URL https://corp.kaonavi.jp/service/
自社のウリ ■今後、更なる市場拡大が見込まれているHRtech市場・人材管理領域において、
 国内シェア3年連続NO.1※の企業です。
 ※ITR「ITR Market View:人事・人材管理市場2018」
  人材管理市場:ベンダー別売上金額シェアで3年連続1位(2015~2017年度予測)
■働き方改革を推進するプロダクトを提供しており、社会貢献性の高いビジネスです。
■当社は、『カオナビ』の提供のほか、人材マネジメントに関するノウハウや知識も提供しています。
 HRコミュニティやオウンドメディアを通して、各社の人材マネジメントに関する問題をあらゆる方法で
 解決します。
フォトギャラリー
日本の人材マネジメントの在り方を変える
株式会社カオナビ 代表取締役社長 柳橋 仁機
─ 御社の事業内容を教えて下さい。
当社は、クラウド人材管理ツール『カオナビ』を提供しています。 人材を有効活用できる企業しか生き残れないこの時代に、人材マネジメントの問題を解決するクラウドサービスを提供することで、業務効率化、生産性向上、離職防止などの企業課題を解決し、日本の人材マネジメントの在り方を変えていくことを目指しています。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
私の前職のアイスタイルが従業員20名から200名に拡大するときに人事部長を経験し、人材マネジメントの課題を肌で感じたことが起業のきっかけです。 また『カオナビ』の発想については、4年間人事コンサル業務を行う中で、懇意にしていたサイバーエージェントの曽山氏から「顔の見える組織図」のシステム化を依頼されたことがきっかけでした。このシステムを納品する際、曽山氏から詳しく話を伺うと、多くの会社が「社員の顔と名前が一致しない。」「人事情報の一元管理ができていない。」という課題を抱えて困っていることを知りました。そこで直感的に、これを人材マネジメントシステムとして商品化できるのではないかと感じ、本格的に『カオナビ』の商品開発に踏み切りました。
─ 御社の強みを教えて下さい。
・『カオナビ』は、昨今急成長市場となっているHRテック業界・人材管理領域に位置しており、今後も更なる業績の向上が見込まれること
・HRコミュニティ『カオナビのWA』を通じて、『カオナビ』を利用する1200社以上の人材マネジメントのノウハウを提供できること
・カスタマーサクセスの重視により、94.5%の顧客が継続利用を希望していること
・リクルートグループとの強固なパートナーシップ
・サブスクリプションモデルにより収益が安定していること
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
当社は、労務管理領域のサービスや、求人サービスとのAPI連携を進め、HRテクノロジーサービスのプラットフォーム化を目指します。そして、各企業の人材マネジメントならびに働き方改革を第一線で支援して参ります。