新しい都心の住の価値観を創造する、leasing innovation company
ビジョン 存在意義をあきらかにし、顧客創造をおこない、実現のための人材育成をおこなう
目標 収益ラインの拡大、不動産のソリュージョン事業
事業内容 都心の高級マンションに特化した不動産仲介事業
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山4-9-1シンプル青山ビル2階
資本金 1000万円
財務情報 2017年8月期実績 7億2000万円
2018年7月期見込 9億円
株式公開 検討中
採用計画 売買事業部を本格始動、増員のため経験者優遇で採用
賃貸仲介は例年通り経験不問で中途採用中心
PM事業の確立に向け経験者採用
募集職種 賃貸・売買各営業、PMマネジャー
企業URL https://www.m-standard.co.jp/
自社のウリ WEBマーケティングによる圧倒的集客力、成約実績による渉外活動のイニシアティブ。
充実の社員研修制度、マネジャー教育の徹底された環境。
賃貸仲介業界の営業ノウハウとマネジメントを体系的に学べます。
フォトギャラリー
株式会社ModernStandard 代表取締役 松田 啓介
─ 御社の事業内容を教えてください。
松田:私達モダンスタンダードの行っている事業は、都心部の富裕層、マス富裕層に向けた賃貸住宅の斡旋紹介サービスです。都心部の富裕層、マス富裕層と呼ばれる方々は、一体どのようなお悩みを抱え、どのような需要やその先のサービスを求めていらっしゃるのか? そういった方々の「住」への要望に応える中で、自分たち自身が感じ取ることのできたサービスを形にしていくことは、遠からず、そういった方々の感性を共有させていただけることに繋がります。日常からやや離れた世界観で、エグゼクティブ達にとっての、無くてはならないオンリーワンエージェントを目指せる人を私達は求めています。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
松田:未曾有の危機リーマンションショックのあと、賃貸業界は、空前の空室ラッシュを迎えました。多くの貸主様は、稼働率の落ちたマンションの客付け業者に、異例の報酬を支払って空室を埋めることを企画しました。そんな時代にモダンスタンダードは誕生しました。貸主様から特別に頂戴できる報酬とトレードオフで、借主様が負担する手数料を可能な限り低減し、さらにこのサービスをインターネットを使用したマーケティングにより幅広く認知させることに、業界的にも先駆けて成功しました。時代の変化とともに新たなサービスを展開できる企業であることが社名の由来でもあります。
─ 座右の銘を教えて下さい。また、その理由も合わせて教えて下さい。
松田:座右の銘は「逆境が人格をつくる」です。創業以来たった5年半のあいだに多くの失敗を経験してきました。そしてそのたびに経営者だけでなく従事するスタッフたちが、技量、器量共に成長していることを実感しています。常々ピンチがチャンスを作ってきてくれたことに感謝し、組織としても失敗に対して寛容でありたいという思いを持っています。若い皆さんの失敗が、成長企業にとっては財産です。逆境によって作られる、将来の自分自身の人格に期待していただければ、最高の関係でい続けられると思います。
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
松田:数値的なビジョンは現在の年商5億円弱の規模を3年以内に倍の10億にまで成長させていきたいと考えています。そのためには、賃貸仲介ビジネスのテコ入れだけでなく、本体事業から派生する収益事業をソリューションさせていくことが重要であると考えています。既存のスタッフたちも新たな領域への挑戦に貪欲に取り組んでいますし、人事においても大抜擢はいつでも起こり得る環境です。ぜひこのチャンスを活かしたい若い力をお貸しください。