ビッグデータ活用の先進技術で、つきぬける感動と広がる可能性を提供
ビジョン 情報社会で見える化革命を起こし、マーケティング業界のプラットフォーム企業に
目標 新サービスを次々と生み出し、2020年に売上50億、社員200名の業界No.1企業に
事業内容 ・クラウド型テキストマイニングによる分析サービス事業
・CRMプラットフォームサービス事業
・次世代ナレッジ検索エンジンサービス事業
・タレントマネジメントサービス事業
所在地 東京都港区浜松町1-18-16 住友浜松町ビル5F
資本金 1000万円
財務情報 2014年9月期実績 14億円
2015年9月期実績 15億円
2016年9月期実績 17.4億円
2017年9月期実績 21.1億円
株式公開 検討中
採用計画 2018年度新卒17名採用実績
2019年度新卒20名採用予定
中途10名採用予定
募集職種 ・セールスコンサルタント
・データ分析コンサルタント
・システムエンジニア
企業URL https://www.pa-consul.co.jp/
自社のウリ ・自然言語処理とデータマイニングの技術力
・技術やシステムを、実務に適用させるコンサルティングノウハウ
・営業からコンサル、開発まで、市場開拓から顧客ニーズ把握、アジャイル開発による  高速ソリューションサービス進化を実現する組織力
フォトギャラリー
プラスアルファサイクルで、つきぬける感動と広がる可能性を提供し続けたい
株式会社プラスアルファ・コンサルティング 代表取締役社長 三室 克哉
─ 御社の事業内容を教えてください。
三室: ビッグデータを活用するための分析システムを、クラウド型サービスで提供しています。 特に、日本語の文章を解析するテキストマイニング技術に定評があり、主力の「見える化エンジン」サービスでは、コールセンターの問い合わせやアンケートの自由回答、ツイッターデータなど、顧客の声を分析して、企業が商品やサービスを改善する支援を行っています。
最近では、分析するだけでなく、企業がお客様の購買行動を把握、適切なメール配信など、コミュニケーションを最適化するCRMサービスも立ち上げ、事業を推進しています。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
三室: 前職の野村総合研究所では、今でいうデータサイエンティストとして、データ分析のコンサルティングやシステム開発に携わっていました。
そうした中、顧客の声の文章の中にこそ、顧客のニーズ、ビジネスのヒントが隠されている、ということを発見し、テキストマイニングシステムを開発しました。
そのシステムは、専門家のためのものでしたが、「顧客の声」を商品やサービスに反映させるためには、やはりお客様自身が何かを感じ取ってアクションを取らなくてはならないということに気づき、現場の担当者が気軽に顧客の声を活用できるようなサービスを作りたい、丁寧なサポートをしたい、という想いが強くなったのが独立のきっかけでした。
─ 御社の強みを教えて下さい。
三室: 私どもの会社には、テキストマイニングの先進技術と、それを実業務で有効活用するためのコンサルティングノウハウがあります。でも、実は、もっと大きな強みがあり、それは、開発、営業、分析コンサルの各メンバが、密にコミュニケーションを行う「プラスアルファサイクル」というものです。
顧客の要望や新しいビジネスのヒントを分析メンバが持ち帰り、すぐに開発メンバに伝えて開発し、それを営業メンバが多くの顧客に提案、そのフィードバックでさらなるブラッシュアップが実現できるのです。これこそが、新しいソリューションを高速で進化させ、多くの企業に感動と可能性を提供する、最大の差別化となっています。
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
三室: 弊社には、PLAN2020という中長期計画があり、2020年までに、売上を50億、社員を200名、グループ会社3社、という規模を目指しています。
その実現のためには、新しく柱となるソリューションを最低でも3つは作る必要があります。見える化技術を用いて、マーケティング業界を変え、企業とお客様の懸け橋になることで、社会に貢献するためには、新しい力、新しい仲間が必要です。
ぜひ、仕事を趣味と同じように楽しみ、「プラスアルファサイクル」で、新しいアイデアを形にし、進化させ、多くの感動と可能性を一緒に生み出しましょう!