売上にインパクトを与えるグロースハック専門集団
ビジョン 世界一売上にインパクトを与える会社であり続ける
目標 国が経営できるぐらい多様な事業帯を持つコングロマリット企業になる
事業内容 ◆ハンズオン型グロースハック事業
◆バーティカルメディア事業
◆成果報酬型アドEC事業
所在地 東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館7階
資本金 450万円
財務情報 2016年3月期実績 1億円
2017年3月期実績 2億円
2018年3月期見込 7億円
株式公開 検討中
採用計画 2018年度 新卒2名採用
2019年度 新卒4名採用予定
中途10名採用予定
募集職種 グロースハッカー(社内教育スキームがあるため経験不問)
企業URL https://project-g.co.jp/
自社のウリ ■大手企業の事業にハンズオン型で関われる
■新規メディアの立上から運用・改善までワンストップで行える
■マーケティングにおけるすべての工程を社内で経験できる
フォトギャラリー
ナニモノにも囚われない前衛的組織であり続ける
PROJECT GROUP株式会社 代表取締役 田内 広平
─ 御社の事業内容を教えてください。
田内:当社では、ハンズオン型のグロースハック事業を主軸とし、バーティカルメディア事業・アドEC事業を展開しています。グロースハック事業は大手企業を中心に支援させていただいておりまして、多くの方が知っている有名サービスの「改善」を行っています。
各事業に共通していることは、「データドリブン×量質転化」を会社全体で徹底的に行っていること。有効な失敗をどれだけでき、そのデータから勝ちパターンを抽出することに全力を注いでいます。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
田内:大学卒業と同時に起業しました。元々はいくつかの企業から事業企画系の部署での内定を頂いていたのですが、あまり自由度が高くなさそうだったので、辞退させていただきました。
事業内容にさほど拘りがなかったこともあり、
1期:ソーシャルマーケティング事業
2期:大手企業の新規事業のシステム開発受託事業
3期:バーティカルメディア事業
4期:グロースハック事業
5期:アドEC事業
と積極的に事業軸の変更を行いながら進んできました。
─ 御社の成長の秘訣は何でしょうか。
田内:「データドリブン×量質転化」ですね。
多くの事業転換を行ってきた中で、ある種の成功法則に辿り着きました。それが「データドリブン×量質転化」でした。これはクライアント企業様に提供しているサービス内容とも合致するのですが、泥臭さを厭わないこの成功法則は必勝法とさえ言えるものだと思っています。
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
田内:グロースハックは、今後あらゆる事業を行う上でも重要になってくるものだと確信しています。最高の汎用性を持つマーケティング力を用い、最終的には国が運営できるようなコングロマリット企業を目指して他事業展開をしていきたいと思います。