ニーズと時代と技術に合わせて『今』必要とされるサービスを提供する企業
ビジョン 日本の店舗不動産、店舗ビジネスに新たな基準を創出し続ける企業
目標 領域の拡大と事業の深耕で店舗不動産業界の❝amazon❞を目指します!
事業内容 ・店舗不動産の仲介
・店舗不動産のサブリース
・店舗不動産の管理
・店舗資産譲渡の仲介
・飲食店出店サポート
所在地 東京都渋谷区桜丘町4-23 渋谷桜丘ビル5階
資本金 9,000万円
株式公開 5年以内に上場予定
採用計画 ・2020年度新卒5名採用予定
・中途社員随時募集中
募集職種 ・営業部
・物件開発部
・WEBコンテンツ部
・営業統括部
・物件管理部
企業URL https://restandard.co.jp/
自社のウリ ■成果に応じた解り易いインセンティブ
■WIN、WIN、WINを生み出し社会貢献とやりがいを感じるビジネスモデル
■成長意欲が高く向上心を貴ぶ社風
■多業種からの経験者が集まった多様性に富んだ職場
フォトギャラリー
店舗不動産を通して社会に貢献し人々に必要とされるインフラとなりたい
レスタンダード株式会社 代表取締役 岡本 和宏
─ 御社の事業内容を教えてください。
岡本: 店舗専門の不動産に特化した不動産業務を行っており、居抜き市場(いちば)と居抜き売却市場(いちば)というサイト運営をしております。主に飲食店や美容室などの店舗ビジネスを展開する方と、ビルオーナーとをつなぐ橋渡し役として、サイト上からの物件検索、現地へのご案内、契約、出店のサポートまでワンストップで行っております。

また、不動産管理部門は、店舗に特化したノウハウを持つ専門の管理部門が、他社には真似のできないような、ビルの資産価値向上を目的とした不動産管理を行っております。そして、集客サイトは、徹底的に探しやすくする事、希少性の高い物件の掲載、の2点にこだわって運営しているのが特徴です。
─ 岡本社長の起業の経緯を教えてください。
岡本: 小学校の卒業文集に社長になる、と記入した時が一番最初に起業を意識した瞬間でした。以前勤めていた不動産業界と飲食店サポートビジネス業界は、一般的に成熟市場と考えられがちですが、実際は両業界とも未成熟で、本質的に充足したサービスがあるとは思っていませんでした。

特にビルオーナーが抱く資産価値の低下リスクや店舗に特化した管理方法の欠如、店舗出店者の低投資での出店や迅速な物件探し、また、それらをサポートする企業の顧客へのアプローチ方法の頭打ちなど、数えるだけでも多くの問題が顕在化しておりました。それらの問題を自分なら解決できる、と考えたのが起業を決断した経緯です。
─ 経営者として、一番大切にしていること、常に心がけていることを教えて下さい。
岡本:理念に基づく考え方と、判断基準の共有に重きを置いております。弊社は現在成長途上であり、全員がリーダーとして会社を推進していく必要がある為、正しい考え方で判断して行動する事が重要だと考えているからです。その為、結果だけでなく過程に着眼できるような仕組みを整え、何が良くて何が悪いかを全員が理解し共有できるような組織を目指しております。

また、物事の本質を見抜く力が備わっている集団にしていきたいという思いもあります。強い企業は本質的なニーズを理解し形にする力が備わっており、弊社でも携わる方が本当に必要としているものを提供できるよう妥協なく考え、そしてすぐに実行できる企業にしていきたいと思います。
─ 最後に今後のビジョンをお願いします。
岡本:日本中のビルオーナー、店舗ビジネスを行う方、またそのサポートビジネスを行っている方が、皆さんが弊社サービスを経由して繋がっていく事を目指しています。

昔から存在する飲食店などの店舗ビジネス業界、また、不動産業界は向こう100年なくなる事はないでしょう。ですが、それら2つの業界が交わる店舗不動産の分野はまだまだ未整備な市場であり、今後、弊社のような専門性の高い不動産会社がより必要になっていくと考えております。

そこで、弊社は現段階から社員一人一人が時流に沿ったサービスを提供する為の、センスと観察眼と実行力を養う環境を整え、事業機会を提供することで活性した社会を実現していきたいと思います。