本物・本質にこだわり、食を通じて地域貢献と多くの感動を創造していく
ビジョン 企業理念である「感動創造」、これは、食を通じてかかわる全ての方々の期待を遥かに上回り続け、多くの感動を創造する。と言う意味が込められています。
目標 2020年50億円 2030年100億円
事業内容 飲食店の運営、プロデュース、コンサルティング
所在地 東京都港区高輪4-10-63 エミナンス高輪5F
資本金 3,000万円
財務情報 2015年7月期実績 24億6,600万円
2016年7月期実績 29億1,800万円
2017年7月期実績 33億 7,600万円
株式公開 検討中
採用計画 ・2018年度新卒19名採用予定
・中途20名程度採用予定
募集職種 ・店舗運営スタッフ
・事業部責任者
・人事
・財務
・広報
企業URL http://ry-corporation.com/
自社のウリ ■独立支援制度もあるので、起業志望のモチベーションが高い仲間が多い
■年に2回社長、役員との面談の機会があるので自分の想いを伝える場がある
■多様なコンテストを開催するため、成長し実力を試す機会がある
フォトギャラリー
社員の夢実現と食を通じて人々を幸せにする「感動創造」企業を目指す
株式会社RYコーポレーション 代表取締役 横山 藤雄
─ 御社の事業内容を教えてください。
横山:飲食店の運営、プロデュース、コンサルティングをしています。
グループ会社としては、関東近郊、愛知県、バンコク、に現在46店舗を運営しています。
当社では、業態開発~商品開発まですべて自社で行っている強みを活かし、「イタリアン、フレンチ、スパニッシュ、鉄板焼き、ブラッスリー、蕎麦、ハワイアン、パンケーキ、フレンチトースト、ステーキ」とたくさんの業態があります。また、すべて本物、本質にこだわり95%手作りで提供しています。
─ 起業の経緯を教えて下さい。
横山:実家が商売をやっている環境に生まれたので、起業は必然であると幼いころから思っていました。
起業をする前に修行をしていた会社で、飲食事業責任者として任せていただいていましたが、その会社の飲食事業の撤退が決まった時に、自分が今までビジョンを語りついて来てくれた人たちもいる中で、この事業を中途半端に辞めるわけにはいかないと思い、引き継ぐ形で起業に至りました。
そのため、起業時にはすでに2店舗の運営がありました。
─ 御社の強みを教えて下さい。
横山:一番の強みは、物件開発、業態開発から商品開発や制作、デザインなど、出店するために必要な各分野のプロフェッショナルな人材が在籍していることです。
オープン後に於いても、「RYアカデミー」という独自の研修教育や、半年に一度役員とキャリア面談することにより、社員のやりたいことと会社の成長をリンクさせていることが当社の強みです。
また、月に1度、店長料理長会議を行い、たくさんある店舗のスタッフとのコミュニケーションを図れる場を設けることにより、情報交換や理念浸透に繋がる時間をとるようにしています。
─ 今後のビジョンをお願いいたします。
横山:2020年 50店舗 50億円
2030年 100店舗 100億円企業へ
マイルストーンとして掲げています。
しかし、この必達目標に到達するには、外食の店舗を展開するだけではなく、ウェディングや海外事業、中食や物販等で販路を広げていくことが必要です。
そのための初段階として、2015年にはバンコクに海外1号店を出店し、セントラルキッチンを立ち上げました。

また、人材難と言われている飲食業界に於いて、採用は最大の課題であります。
飲食=報われない、というイメージを払拭していくべく、年に2回の成果発表会にて功績を称えたり、福利厚生サービスへの加入も実施しています。これからも更に労務環境を整え、「働きやすい会社」「働きがいのある」を目指していきます。